同志社女子大学音楽学会《頌啓会》

News

中瀬古和先生生誕110年
 記念コンサートを開催します

《頌啓会》だよりNo.50号に
 寄稿をお願いします

京都府民ホールアルティより
 お得なお知らせ!

おめでとうございます!
 2017年度《頌啓会》音楽賞
  井上智世(Org)
  新谷美歩(Cl)
  内山都(文化)

 第47回堺市新人演奏会最優秀賞
  松川侑里香(4年次生)

Our Events

・オルガンコンサート(10/20)

中瀬古和先生 生誕110年
 記念コンサート(3/3)

Event Reports

《頌啓会》コンサート2018(9/22)

バロックダンス講習会(9/23)

ヴァイオリンアンサンブル会(8/1.4.5)

《頌啓会》コンサート東海(6/30)

・新人演奏会(6/16)

・発声講座(4/15)

・総会(4/1)

チェンバロ講座(3/28)

・《頌啓会》発足25周年
 海外音楽旅行

メサイア演奏会

《頌啓会》助成金について

楽学科より

学生の皆さんへ!

事務局より

各種お届け・お申込み

お問合わせ

同志社女子大学音楽学会《頌啓会》
(月・水・金 10〜16時)
〒610-0395 
京都府京田辺市興戸南鉾立97-1

TEL・FAX:0774-65-8512

演奏会情報


《頌啓会》コンサート   新人演奏会 

《頌啓会》コンサート(東海)    中瀬古和先生 生誕110年記念コンサート

 

中瀬古 和先生 生誕110年記念コンサート

2013年9月に先生の没後40年を記念して、
いずみホールにて「メモリアルコンサート」を開催しました 
多くの皆さまのご協力により完成度の高い演奏会になりましたことは
記憶に新しいところです

この度、中瀬古先生の遺品が存在することがわかり
たくさんの楽譜が出てきました
それらの曲で演奏会をすることとなりました

2019年3月3日(日)14:00開演予定
栄光館ファウラーチャペル(今出川キャンパス)

 

〈曲目〉
「行進曲 讃歌」管弦楽曲

「幽明 Prelude I II and Marche Funebre」管弦楽曲
「われ黎明をよびさまさん」バリトン独唱&混声合唱
「復活」バリトン、メゾソプラノ独唱&混声合唱

 

ーーー演奏会終了後、これまでの《頌啓会》の打ち上げパーティをいたしますーーー

演奏会に出演されたかた、聴きに来られた方、演奏会に来られなかった方も大歓迎!!
クラスの皆さんが集まる機会にご利用ください
2018年度までの年会費を全納していただいている方は、会費を無料にする予定です
楽しいパーティになりますように、多くの皆さまのご参加をお待ちしております
詳しくは、次号のInformationに掲載いたします

 

 

「中瀬古先生」と聞いてピンと来る方はおそらく30回卒ぐらいまでの方ではないかと思います
「中瀬古和音楽賞」 として名前を覚えてくださっている方があるかもしれません

音楽学科は同志社女子大学創設以来存在する歴史ある学科です
その創設から20数年間音楽学科の礎を築いてくださった先生のお一人が「中瀬古先生」です

中瀬古先生は主に和声法・対位法・作曲法などの理論とピアノの先生でした
そのご指導はとても厳しく妥協を 許さないものとして、今でも卒業生の間では語りぐさになっていますが、
厳しい中にも愛情豊かなお人柄で、学生 はもちろん多くの方々から信頼され尊敬を集めておられました

そんな中瀬古先生が急に病気で倒れられ、あっと言う間にお亡くなりになったのが1973年5月のことでした
大きな支えを失った喪失感から立ち直るべく、卒業生も一体となろうということから、
「音楽学会《頌啓会》」の前身 である「頌啓会」が誕生しました

中瀬古先生は、優れた教育者であると同時に日本を代表する作曲家でもありました。
昭和初期にアメリカワシント ン大学でピアノを学びイーストマン大学大学院で
日本人として最初に音楽学を専攻、大学院を修了しMus.Mを受領さ れました
その直後、ベルリン国立音楽院でヒンデミットに師事され作曲を学ばれました

先生は敬虔なクリスチャンでもありましたから、残された作品の中に、
詩編を題材とした合唱曲がいくつかあります
数曲の「詩編歌」は定期演奏会などで学生により演奏されました
先生はだれもが歌いやすい「讃美歌」を目指して おられたようです
和声の響きは現代風ですが、響き合ったときの心地よさは演奏するもの、
聴くものの内に平安を与えるものでした

先生が亡くなられて数年は、「中瀬古先生記念礼拝」として礼拝において「詩編歌」を
卒業生により演奏
してまいりましたが、それも絶えて久しい時間を刻んでしまいました

卒業生にとって中瀬古先生が忘れ去られた存在になっていることはとても残念で心が痛むことです
没後40年という記念すべき年に向かい、中瀬古先生を思い出し、
中瀬古先生の曲を演奏することによって、
今まで中瀬古先生の作品を知らなかった人たちにも聴いていただく機会を持ちたいと考えています

みなで私達の歴史ある音楽学科の誇れる先達者とその作品、その心を世の中に送り出していきましょう!